ホワイピュア

気になるシミ対策にホワイピュア

多岐川華子さん、由美さん親子も注目のシミ・そばかすに飲んで効く医薬品「ホワイピュア」が販売されました。

 

ホワイピュア

 

ホワイピュアはサプリメントではなく、効果が認められた第三種医薬品だから安心して使用できます。

 

現在、ホワイピュアは公式通販サイトのみの販売でamazonや楽天では販売されていません。

 

 

 ホワイピュアの公式通販サイトはこちら

 

 

公式通販サイトなら、初回限定で33%OFFで購入できるのでお得です!

 

ホワイピュアってどんな医薬品?


ホワイピュアは、1,000mg配合されたビタミンCと、メラニンの生成を抑制するL-システイン、沈着を抑制するビタミンEが協力しあい、シミの原因と言われるメラニンの発生を防ぐ医薬品です。

 

成分のL-システインとビタミンC・ビタミンEはコラーゲンの生成・維持を行い、新陳代謝を促進するビタミンB2、皮膚の再生を促進するビタミンB6が協力することで、肌の新陳代謝を進め、肌の生まれ変わりのリズムを整えてくれます。

 

シミやそばかすの緩和だけでなく、肉体疲労時や、妊娠・授乳期のビタミンCの補給にも最適です。

 

同じようなシミ対策商品としては、キミエホワイト、シミトール、ロスミンローヤル、ネオビタホワイトなどがあります。

 

なぜ、ホワイピュアはシミに効くの?

メラニン色素は、外部の刺激やダメージから肌細胞を守る働きをしてくれます。しかし、紫外線やストレスなど過度の刺激を受けると、メラニンの活性が強い黒色メラニンが発生します。黒色メラニンは排出がしにくいため、色素沈着が起こってシミを引き起こすのですが、ホワイピュアはこういった頑固なシミにも効果的です。

 

ホワイピュアがシミに効くのは、ターンオーバーを促進する成分がバランスよく配合されているからです。本来なら、メラニン色素は肌の生まれ変わりを促すターンオーバーによって排出されていきます。しかし、ダメージや肌の硬化、乾燥などでターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニン色素が沈着してシミになってしまいます。ホワイピュアは、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCや皮膚の再生を促進するビタミンB6、新陳代謝を活発にするビタミンB2が配合されています。これらの成分が総合的に働くことでターンオーバーが活性化されると、メラニン色素の排出が促されてシミの改善につながるのです。

 

また、ホワイピュアにはLシステインも配合されています。Lシステインは、メラニンの排出を促すだけではなく、過剰な生成を防ぐ働きも持っています。さらに、紫外線による肌へのダメージを抑制したり、メラニン色素が沈着するのを防ぐビタミンEまで配合されています。このようにシミの原因にアプローチする成分がたっぷり入っているので、ホワイピュアはシミに効くのですね。

 

メラニン色素を取り除く方法は、肌の奥から表皮に押し上げて排出するターンオーバーしかないので、ホワイピュアでしっかりサポートしてシミのない肌を手に入れましょう。

 

ホワイピュアの口コミは?

30代に入り、20代の時には気にならなかったシミがぽつぽつと目立ち始めてきました。シミは早めに予防しないと、後から大変だと聞いたので早速ホワイピュアでシミ対策を始めました。ホワイピュアはシミ対策だけでなく、普段のビタミン不足も補えるのでとても良いと思います。

 

30代を過ぎてから、今まで目立たなかったシミが目立つようになってきました。シミに良い化粧品も使用していますが、まだ見えてないシミ対策にホワイピュアを使用しています。シミが増えると老けて見えるので、早めに予防しておいた方がいいですね。とりあえず、ホワイピュアを飲んでこれ以上シミが増えないようにしたいと思っています。

 

ホワイピュアのQ&A

 

どのくらい飲めば効果がでるの?

 

効果のあらわれ方は症状や服用する人の体質・体の状態により個人差はあります。 一般的な肌の代謝サイクルは約28日と言われているので、約一ヵ月ぐらいから薬効を感じはじめるのが目安です。 じっくりと効くお薬なのので、2〜3ヶ月服用されるといいようです。

 

副作用はあるの?

 

現在、販売されている薬は副作用の全くないものはありません。ほとんどの医薬品において副作用症状は、添付文章の使用上の注意に書かれています。記載されている副作用は、必ずその症状が出るわけではなく、万一出たら重篤な症状への移行を未然に防ぐための対応方法が書かれています。

 

男性が飲んでも大丈夫?

 

男性も気になるシミ・そばかす対策はもちろん、毎日忙しく頑張る方の栄養補給にもおすすめします。

 

シミを消したい


先日、何気なく鏡を見てシミを見つけてしまった瞬間の衝撃は、女性だったら分かると思いますが、かなり大きなダメージですよね。シミができてしまった結果に、諦めてしまっている人はおりませんでしょうか?シミができてしまったという理由で、諦めてしまう必要はありません。確実にシミを消すことは困難になるはずですが、シミを薄くしたり、これ以上色を濃くさせない方法はたくさんあります。最も簡単な方法というのは、市販されている美白化粧品でセルフケアを行うと思います。近頃は、美白化粧品も幾つもリリースされているので、一口にこの化粧品が良いということはお伝えできません。その上、化粧品ですので、効果に個人差が生ずるのは勿論だと思います。ビタミンC、ビタミンEやプラセンタエキス入りの美白化粧品なども販売されているので、サンプルなどで一度試していきましょう。肝班やそばかすでお困りの人だったら、レーザー治療を行うことが逆効果にもなることも想定されます。これらのシミの原因となる紫外線を集中してカットできるようなファンデーションをつけたり、紫外線を遮断するように日焼け止めを塗りたいものです。いずれにせよ、紫外線をお肌が吸収しないように予防することが肝心になってきます。シミを消すためにエステに通うのも一つのやり方です。エステで実施できるレーザーなどは薬事法によって制限されているのですが、それほど大きくないシミや色素が薄いシミであれば、エステでもしっかり効果を感じることが可能でしょう。シミを消す高い効果を実感したいと思うなら、クリニックなどの医療機関へ行く方がいいでしょう。皮膚科専門医に診察してもらうことができますし、医療機関なので信頼度は高いと思います。

 

シミは若い頃からの対策が必要


若い頃はシミなんてできないと思っていました。小中学生の頃なんて、毎日プールに行って真っ黒になっていましたがソバカスもできたことはありませんでした。でも、やはり日焼けした代償はやってきます。20代前半に南国のリゾートやスキューバーダイビングに行ってガンガンに日焼けしていました。それでもまだシミはできませんでした。それが30代に突入する頃、ふと気づくと肩にシミができていました。それからはあっという間に肩だけではなく、背中、腕、手の甲、デコルテ、顔にシミができ始めました。この頃は、今まで日に焼いてきた分が一気に噴出するかのように、どんどんシミが増えていきました。その頃からは日焼け止めを必ず塗るようにし、なるべく日陰を移動するようにしていますが、シミは増えるばかりです。今更ながら、今できているシミは若い頃に焼いてしまったことが数年あるいはもっと長い年月を経てシミになって現れてきたものが多いということがわかりました。そして一度シミができ始めると何かのスイッチが入るようにシミができやすい体質になってしまうということです。若いからと安心せず、10代の頃から日焼け止め対策をするのが何より大切なのだと思います。シミは、でき始めてからだと手遅れになる可能性が大きいと思います。早めにホワイピュアなどでシミ対策をしたようが後々後悔しなくていいと思います。

 

シミ対策にはサプリがおすすめ


できててしまったシミには外側からのケアの方が有効ですが、まだ出来ていないシミには内側からのケア、つまりサプリがおすすめです。できていないシミ、というのをまずご説明します。シミは急にできるものではなく、肌の奥に潜んでいて、だんだんと肌表面まで進出して色素沈着を起こすものなのです。肌の奥にずっといてもらうために、サプリをきちんと取ることはとても効果があります。出産した際の病院の看護士の人が教えてくれたのですが、シミ対策は継続することが大切、毎日欠かさず飲まなければ意味がない、ということです。特に産後はシミが出て来やすいということで、思春期に大量に紫外線をあびていたわたしはホワイピュアを飲むことにしました。ホワイピュアはつるっとしていて飲みやすく匂いもありません。値段も手頃なので家計的にもokです。肝心の効果ですが、産後すぐから飲み始めて2年以上経ちますが、シミがほとんどありません。よく見ると小さなシミはあるのですがお化粧すれば完全に隠すことができます。これからも飲み続けます。